0対2カウンターの守り方

攻撃側に“迷わせる”

DFが誰もいない状態で、ゴレイロGK人でゴールを守るO対2は、失点する確率が極めて高いシチュエーションだ。もしも失点したとしても、GKを責めることはできない。とはいえ、何もせずにやられてしまうのはもったいない。大事なのはボールを持っている選手に「迷わせる」ことだ。0対2カウンターというのは、攻撃陣にとっては簡単なようで意外と難しい。パスを出すこともできるし、自分でシュートを打つこともできる。「何でもできる」からこそ、何をしょうか迷いが生まれる。相手を迷わせることができれば、0対2という絶体絶命のピンチを切り抜けられる。

GKは前に出ない

この状況で唯ーの守備者であるGKの選手へのアドバイスとしては、何よりも先に「前に出ない」ことを挙げたい。GKが前に出ると、パスコースが空くので、ワンツーなどやられてしまうためだ。O対2カウンターのとき、GKはゴールの真ん中に立って、手を広げて左右にステップしながら、相手にフェイントをかける。相手は「決めなければいけない」と想像以上にプレッシャーを感じているもの。GKはあえて「動かない」ことによって、相手へのプレッシャーを増幅させ、ミスを誘発しよう。

CHECK1  GKが前に出る

GKが前に出ると、“奥行き”が生まれるため、ワンツーをされたり、ドリブルでかわされたりといったりスクが大きくなってしまう。

CHECK2   GKが前に出ない

GKがゴールライン上に立って、手を大きく広げ、左右にステップしてフ工イントをかける。相手に考える時間を与えてミスを誘う。